誰もが「地の塩」のひと粒
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボラでの気がかり
ボラ参加にあたって、気がかりだったのは、
一番目がトイレ、次が装備についてでした。

1)トイレ
説明会やボラ参加者のブログなどでも、昼の休憩までトイレには入れないだろう、ということ。
日常でも時折腹の調子が悪くなり、通勤電車を飛び降りてトイレに駆け込むこともある私!(オイ・・・)
外出先では常にトイレの場所を気にかけています。
とにかく、飲食に注意しようと思っていました。
更に悪いことに・・・書きづらいですが、「お月さま」が約1週間近く早く、参加当日の朝に来てしまいました!
前兆があったので、まさかと思いましたが、前日から覚悟を決めましたけどね。
1,2日目という一番調子の悪いところが参加日に重なってしまいました。
というわけで、二つの理由でトイレがより心配になってしまったのです。

(結果) バス移動中は、およそ2時間ごとにトイレ休憩があり、なんとかなりました。
ただ、やはり活動当日の朝はおなかの調子がおかしくなってきて、ホントに危なかった・・・(オイ)
こうなると、通勤電車でもそうなんですが、脂汗と冷や汗が出てきて、貧血みたいになってしまうんです。
なんとか集合場所(陸前赤井駅)のトイレまで間に合いました・・・駅舎は利用できない状態でしたが、
トイレは普通にペーパーもあり汚いこともなく、ほっとしました・・・ (どういう苦労話なんでしょ!)
活動場所の近くに公園のトイレがあるということで安心していましたが、
行ってみると工事現場の簡易トイレみたいなので、とてもじゃないが気兼ねなく用足しできる場ではありません。
気が滅入りました。お月さまだけ心配だったので、そっちのケアのみにしました。
昼休み時には、ひとつしかない簡易トイレに男女の列ができていました・・・
場合によっては民家の方が貸して下さるとも聞きましたが、
なにせ泥だらけですから・・・ちょっと拝借するには遠慮してしまいます。

2)装備品

一番苦労したのは靴です。
ボラ説明会でも、きっぱり何がいい、ということでなく、
安全靴、安全長靴、ゴム長靴、登山靴でもいいという話があり、かえって迷ってしまいました。
KSVNのボラ報告でも、移動途中のSAでのラーメンがうまい話は載ってても、
実際の装備の細かい説明、写真などがない。

特に必須といわれたのが「踏み抜き防止インソール」 
現地でがれき中の危険物を踏んでの怪我、しいては破傷風の心配です。
このインソールのサイズが男性用しかない!
ネットでもワークマンでも24センチ以上からしかないんです。
足に合わない靴で作業に支障があってはいけません。
考えたあげくワークマンで24.5のインソールを買い、
靴のリフォーム屋さん(恵比寿のEARTHさん1995.repairearth.com/)に無理言って有料で削ってもらいました。
鉄板入りのため、お店でも大幅には削れず、それでも24センチの長靴にぴったりになりました。
24.5の靴より、より足に合う長靴が買えてばっちりでした。
長靴は履き口が縛れるタイプのものです。
濡れる、汚れる可能性を考えると、登山靴などは高級かもしれません。
ゴム長がよいと思われます。

その他、
ワークマンに初めて行って、雨合羽(女性用Mサイズ)、耐油性のゴム手袋(Mサイズ)、
軍手(女性用あり、がれき扱うのは危険、ゴム手の中にはめる)、などを調達。

3)水、食料

今回は一日のボラでしたので、最低その分の水と食料は持参ということ。
水は万一の傷の汚れを流すなども考慮し、「水」がよい、
もうひとつはポカリスエットなどのスポーツドリンク。
食料は季節柄、傷むのが心配です。
出発時にコンビニで調理パンと、シリアルバーなどの栄養調整食。
あとバナナ2本。
皆さんは途中のSAでラーメンだの食事してましたが、私は結局そういったものは食べませんでした。
ハードな仕事でなかったし、食料も実際余りました。








コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。