誰もが「地の塩」のひと粒
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOEIC Bridge初体験
お恥ずかしいですが、本日10年以上前の「英検3級」(恥)試験以来で、英語のテストを受けてきました。

周りに英語の出来る人のいる現職場に入って2年、やっとここまで来たというスローペース・・・
しかし、TOEICはやはり敷居が高い・・・と思っていたところ、
試験内容、時間ともTOEICの半分のTOEIC Bridgeというのがあると知り、
年内に一度受けてみることにしました。

試験内容はListening 25分、Reading35分の計1時間、これがTOEICの半分です。
教室内には本日38名の受験者。
ざっと見て私のような「大人」は1割程度でしたね。
殆どが高校生くらいじゃないでしょうか。

最初の写真を見ての4択15問のListeningは「ん?いけるんじゃないか?」と思わせるものでしたが、
その後の、問題を聞きそれに合う解答を3択する問題になると、
1度しか流れない問題を聞く集中力が、20問を越える辺りから落ちてきました。
50問で25分、1問30秒、問題のテープはすらすらと流れてしまうと、もうどこがキーポイントだったのかわからず。
それでもテープが問題を出していくので、時間はそのとおりに過ぎるからよかったものの、
後半のReading問題は自分で時間配分をしなくてはなりません。
1問約40秒内に問題を読む時間もありますから、「考える」暇は殆どないんですね、
勿論、4択なんですが、迷ったりしているともう時間が足りない。
結局、私は最後の2問を迷っているうちに「時間です」という声がかかり、
適当にささっとマークシートを塗ってしまった・・・

やはり意味がわからなくて引っかかる単語が多く、勉強も甘かったというのがよく出ていました・・・
ほんとにぐったりとしてしまいました・・・
スコアが怖いな・・・

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

コメント
コメント
姉さんお疲れ様です。こういうテストって受ける技術もいるんですよね。ペース配分とか、わからない問題のときの対処方法とか。一度受けるだけではなかなかコツというのは掴めないものなのではないでしょうか?

テープを聴くって集中しないといけないから、余計疲れますよね。私もそういうのは好きじゃないんです。さすがにもうテストを受けることはないんですが、今やれといわれたら聞き取れても内容忘れて答えられないようなパターンになりそうです・・・

語学は地道な勉学だと思います。終わりがないものでもありますし。スコアは学力の本の一部の断面だと思います。(たかが数字ですもん)大切なのは続けることです(と自分にも言い聞かせないといけません・・・)。姉さんのブログ読んで、「私ももう少しまじめに語学に向かい合ったほうがいいな」と思いました。ほんとに。だってそれこそ「極める」ことは不可能ですから。(高校時代から進化してない私の語学力です・・・)
2010/11/23(火) 04:56:14 | URL | Izzyluv #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
わぁ~Izzyさん、こちらまで度々ありがとう~~

> こういうテストって受ける技術もいるんですよね。ペース配分とか、わからない問題のときの対処方法とか。一度受けるだけではなかなかコツというのは掴めないものなのではないでしょうか?

そうですね、そこが「テスト」なんでしょうね。語学に限らずでしょうけど、試験に強い弱いという能力も人それぞれあるのですね。

> テープを聴くって集中しないといけないから、余計疲れますよね。私もそういうのは好きじゃないんです。さすがにもうテストを受けることはないんですが、今やれといわれたら聞き取れても内容忘れて答えられないようなパターンになりそうです・・・

「テスト」ですからw 現実なら聞き返すなり別の言い方するなり、確認しようということができますけどね。

> 語学は地道な勉学だと思います。終わりがないものでもありますし。

んん~~テスト終わったら、すっかり気を抜いてしまっています!!これがいけない・・・
うちの会社の人には「とにかくその1年のテスト全部の申し込みをしてしまうという手があります」と言われました。受験料を払うと逃げづらいし、繰り返すうちコツがわかり、スコアは必ず上がっていく、と・・・
そうですかねぇ
2010/11/25(木) 23:15:43 | URL | slash555 昔の名前でw #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。