誰もが「地の塩」のひと粒
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近所で売れている?もの
商店街に最近なぜか、2軒も自転車チェーン店ができた。
元々、商店街には駅近くと、商店街の終わりに個人の自転車屋さんがある。
駅の反対側にも1軒ある。
駅から15分のうちの辺り、そして更にその先はバス便しかないような地域があり、
こういったところの住人には自転車は必需。

それにしても、1km程度に4軒もの自転車屋というのは多すぎないのか?
量販店が2軒進出して、それらじたいも競合するし、自営の店は影響を受けるだろうに。
しかし、量販店が店を出してくるには理由があるはずで、
車が売れなくて自転車は売れてきてるのだろうか?
エコだの、メタボ対策だのでも自転車の需要が増えてるというのか?
よくわからない。

もうひとつ、近所で建設中のマンションが完売したという。
ちょうどリーマンショック後が着工だったのが、
今年の初めまで手付かずの空き地のままだった。

近隣にもタワーマンション含め、新築が増えていて、いったいどうなるのか、
今年に入り現場にも動きが出たが、造ったところで売れるのか、とも思っていた。
それが下記の記事によると、あれよという間に好調に売れたようである。
http://shukanjutaku.jugem.cc/?eid=4896

価格帯も5千万以上まであり、けしてお安くはない。
それでも立地とモデルルームだけでここを買おうという人がそんなにいたとは!
ちなみに、近隣の小学校はどこも生徒数が増えて困ってるんだけど!

買える人は買える、あるところにはある。
マンションを買って自転車で通勤ということかしら。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。