誰もが「地の塩」のひと粒
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浅草橋で会いましょう
2年ぶりに東京ローカル・ホンクのLIVEに行ってきた。

2010年10月に元住吉Powers2でのLIVEを見て以来、
そしてVo.の木下君とは2010年4月のソロLIVE以来に話をすることができた。

しかも!
このLIVE会場は、これまたちょっとばかしご縁のある
ミズノさんのお店、浅草橋BUNGAJAN というんだから、驚き!

このお店では、やはり2年半前に家人がLIVEしたんだが、
店長ミズノさんに会うのは、それ以来。
相変わらず雰囲気カッコイイわ~!

そして、ホンクは…
最大の変化は木下君が坊主になったこと!(笑)
高校時代から髪長めでそれが少々チャラくも(スマン)見えたし、バンドマンぽかったけど、
坊主になったらストイックな感じがして。

以前書いた、「移住」した知人が実は彼。
そのことについての私の複雑な気分もあったし、会って言葉を交わしてみたいと思ってたのもある。

新しいアルバムを聴いても思ったけど、ホンクはギターバンドだなぁ(笑)
ギター担当:井上さんのボトルネックとか好きだわ~
で、熱いロック!てな曲調じゃないバンドなんだけど、木下君のギターソロが熱い(笑)
結構、粘っこいの弾いてましたよ。
不思議な音楽だな、って思うことがある、ホンクの曲。
レベル高い演奏なのに難しい音楽じゃない。
日常的な歌詞なんだけど詩的、というのかな。かといって含みのある言い回しじゃなく。
なんといっても、ずっと同じメンバーでバンドで居続けてるのがすごいと思う。

LIVE中も歌う彼を見ていて「移住」のことを考えてたけど、
ああ、厳しい選択だったんだろうな、って思えた。
この日も、移住先(九州)から飛行機で来て、何日かLIVEをこなして帰るらしい。

終わってから声かけたら握手してくれた。
しばらく喋って、「時々思い出してるよ」って言って帰った。
そう、しょっちゅうじゃないけど、同い年、同じ地元にいた人が、
音楽やり続けてるってこと、「時々」思い出すよ。
「元気をもらう」とか陳腐なことじゃないのよ、高校時代を懐かしむでもなく。

そして店を出る時には店長ミズノさんも声をかけてくれて、
40代のいい男2人に再会できた、いい夜になった。

スポンサーサイト

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。