誰もが「地の塩」のひと粒
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「終末のフール」伊坂幸太郎
仙台を舞台に小説を書き続けているというのも、何か象徴的な気すらしてしまう・・・
伊坂幸太郎の「終末のフール」 

仙台北部の小高い丘に建つマンション「ヒルズタウン」の住人の8つの物語。
設定は「8年後に小惑星が地球に衝突して滅亡する、と予告されて5年後」要は「あと3年で地球滅亡」という時期である。
アメリカ人の好きそうなパニックものではない。
ヒーローもいない、科学技術を駆使して闘う場面もない。
期限を切られた人々が生きる日常のお話だ。

「終末だけど幸せだよねというのでもないし、つらいけどみんな頑張っていこうというのとも違う」とは、解説中の著者の言葉だけど、そういう訳でラストに解決は用意されていない。
8つの物語のそれぞれの主要人物の周囲の人間には、必ず自殺か殺されたかという関係者がいる。
「あと3年後」までの5年間で人々は恐怖と絶望でパニックになり、あらゆる犯罪が横行し、また自ら死を選んだ者もいた。
それが「あと3年」となった時、世の中は何故か穏やかになる。
そんなものかもしれない、と妙に納得してしまう。
しかしまた登場人物たちは「その時が近づけばまた混乱するだろう」とも思っている。

この震災で買いだめをする人達のニュースを聞きながら重ねたのが6話目「天体のヨール」
首吊りにしくじった主人公へ学生時代の友人から20年ぶりに電話が入る。
旧友は家族を殺されていた。
そして主人公は妻を殺されていた。
多くの人が飲料を買いだめをしようと自販機の前で列をなしていた。
罵声が飛んでも、買えるだけ買いだめようとする人達。
主人公もそうだった。そのさなかに妻は殺された。
何故、主人公は首吊り自殺をしようとしていたのか、
天体マニアの旧友との、こんな時ですらなんとなくとぼけた味わいの会話から告白される彼の「罪」

特別な立場とか技術があって敵(この場合、小惑星。「アルマゲドン」みたいにね)に立ち向かう人間でもない、ただの人達の期限付きの暮らし。
ラストの物語はやはり泣いてしまう。
「生きなくちゃ!」ではなく「生きるしかない」のだ、生きるものは・・・ということだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。