誰もが「地の塩」のひと粒
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日目つづき:GoldCoastへ
バイロンベイの灯台を出たのが夕方5時。
その時にはまだ明るかったが、坂道を車で下りてきて、昼の「カラマリ&チップス」のほか何も食べていないと、角の小さな店に入った頃には薄暗くなってきた。
辺りはいわゆる住宅街。よろず屋的なお店なんだろうか。
サンドイッチを注文すると、わざわざおじさんがその場で作ってくれる。
但し、ツナ、チキンのサンドイッチといったら本当にパンにそれを挟んだだけ!日本のみたいにマヨネーズなんかが具に混ざってるのではない。
だからパサパサ・・・
うぅ・・・手をかけてくれるのはいいが、それで3ドル50くらいするんだから・・・
要は別オーダーで野菜やチーズを入れないとネコ缶を挟んだようなものなのだ~

ところでうちらは、ここいら辺の地図というものを持っていなかった。
ブリスベンで借りたレンタカーの地図もここいらまでのものは載っていない。ゴールドコーストへはハイウェイで一本ではあるが・・・
何の目印もない住宅街の一角で一抹の不安が・・・
とにかく遅くならないうちにと車を出す。
広い道に出た、ここがバイロンベイのメインストリートなのだろうか、
なんというかまた乏しい表現力で言うなら、これまで見てきたオーストラリアの場所に比べたら「原宿」のように見えたくらい(ホントに乏しくてスンマセン)
人通りも多く道の両側に店がにぎやかだ。今晩の酒を調達しに酒屋に入るが、そこも結構客がいる。
何日か滞在して夜を楽しめそうな街、次の旅の機会があるならぜひ少し長く寄ってみたいと心に決めた。
それはともかくすっかり暗くなり、ハイウェイに戻る場所がしばらく見つからずぐるぐる走ったりで、やや不安が広がる私。
やっとハイウェイに戻ったら・・・!

す、すいませんが、道路に照明はないんでしょうか!?ハイウェイで?


・・・ないらしい。
行く手を照らすは月の光と自分の車のライトだけ、ってね。
要は 真っ暗な道。
こ、こえーーーっ!!

私が運転してなくてよかった、って亭主も見せはしないが緊張しただろう、いくら元イナカ者(オイ)とはいえ・・・
本当にライトで照らすちょいと先までしか道が見えない!
その先がどうなってるのかわからないのだ~~~!!この旅行で亭主を見直したこと、
それは男の能力というのか、亭主が毎日車移動の仕事に慣れていることも一因かもしれないが、
車で来た道順をよく覚えてること、
今どういう方向に向かっているか理解していること、というような事柄である。

いや、私がアホすぎるのか。こんなところばかり女脳らしく方向感覚が悪いのか。
同じ道を逆から帰るのも女性には苦手な人がいるとTVで見たことがあるが、私もそのようだ。
女性の視点が男性と違うらしいが、逆方向から見ると来た道も違う道のように思えてしまうそうだ。
そんな訳で大いに彼の能力に助けられ、やっと高層ビルの灯りが見えてくるとほっとした。、
(見えてからも、かなり距離があったようには思うが!)、
ゴールドコーストのホテルに着き、夕食を求め外に出たが、、
結局レストランにも入らずスーパーで買物し、娘の夕食はカップヌードルとなった(酷)つづく 
>>続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。