誰もが「地の塩」のひと粒
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地底駅 筒石で下車
1泊2日であるが、家人の実家のある上越へ娘と行ってきました。(家人は仕事)
 子供の希望はなんといっても海で遊ぶことで、2日とも海へ連れて行きましたが・・・
私の今回の行程のメインは「北陸本線 筒石駅」に降りること!

これは2年前、上越に行った際に「地底トンネル駅」筒石のことを聞き(教えてくれたのは、ブログ友さん)それ以来の悲願(大げさな)
だいたい、上越に行っても家族単位のクルマ移動が主で、あちらでわざわざ電車に乗ることすらない。
おととしは、家族で車で親不知の辺りまで行って、帰りは私だけ電車で帰ってきたんです。
「海沿いの無人駅」とか、もぉ、一人旅好きの心をそそるわけですよ!

その際には通過しただけの筒石駅、暗いトンネルの中のホームはなんとも心惹かれるものが!
というわけで、今回どうしても筒石駅に下りることを実行したかったのです。

注意点は、筒石に停車する電車の本数が少ないこと。直江津から金沢方面の列車に乗り、筒石で下車し、駅を見てから、また直江津へ戻ろうとすると妙に短時間か、逆に間が空くか・・・となってしまう。
東京へ帰る電車の時間が決まっていて、しかも子供の海遊びにつきあったので時間がなくなり、
今回、筒石駅滞在時間は30分足らず。
それで地上のホームまで行って戻れるかが心配でした。

直江津からはしばらく車窓には海が広がります。
海沿いを走っているのですが、それがだんだん山側へ入っていくわけですね。
かつてはそのまま海沿いの路線だったのが1969年にトンネル内に移ったそうです。
地上駅舎とホームとの高低差は40Mとのこと。

筒石駅、下車~ すっごいひんやりです!「地底」という感じです。わくわくしますね!
筒石駅1 ホームには駅員さん、鉄道ファンと見られる人が何名かカメラを構えています。見物と思われる家族連れも下りてきました。
地上駅舎への時間を駅員さんに聞きましたら、5分程度とのこと、それなら地上へ出て、また逆のホームに下りてくるのもなんとかなりそうです。
実は慌てて直江津から電車に乗ったので、大きなバッグをロッカーに預け損ねました。
言うと、駅員さんがご親切に持って下さいました! 筒石駅2
最初の階段を行くとしばらくスロープ、逆側のホームへの分岐点があります。
そこへ置いておけば大丈夫、と言われましたので、大荷物は置いて地上へ。 筒石駅3 分岐点

坑内は照明こそあって暗くはありません。都会の地下鉄だって相当深いじゃないかといわれそうですが、いかにもトンネルという趣がなんともいえません。

ホームから300段近い階段を上り、地上出口の明かりが見えました。下りてくる人も何人かいます。
 筒石駅4 出口見える

駅舎には一人駅員さんがいらっしゃいます。
電車を見る駅員さんと2名、ということでしょうか、親不知駅は無人でしたが、やはり人がいるとほっとしますね。

「入坑証明書」というのを出してくれます。 110814_0808~01

本当はここから外へ出て、集落を見たり、海方面にも行きたかったのですが、今回は時間切れ。また地底に戻りますw 筒石駅5 上から 分岐点に置いたバッグを持って、直江津方面ホームへ。
駅員さんによると、こんな「怖い」駅でも最終列車は夜10時半頃だそうです。結構遅くまでやってるんですね・・・
ホームではまた、何人かの鉄道ファンの人がカメラを構えていました。
念願かなったので、とても嬉しい旅の終わりになりました!
スポンサーサイト
TOEIC Bridge初体験
お恥ずかしいですが、本日10年以上前の「英検3級」(恥)試験以来で、英語のテストを受けてきました。

周りに英語の出来る人のいる現職場に入って2年、やっとここまで来たというスローペース・・・
しかし、TOEICはやはり敷居が高い・・・と思っていたところ、
試験内容、時間ともTOEICの半分のTOEIC Bridgeというのがあると知り、
年内に一度受けてみることにしました。

試験内容はListening 25分、Reading35分の計1時間、これがTOEICの半分です。
教室内には本日38名の受験者。
ざっと見て私のような「大人」は1割程度でしたね。
殆どが高校生くらいじゃないでしょうか。

最初の写真を見ての4択15問のListeningは「ん?いけるんじゃないか?」と思わせるものでしたが、
その後の、問題を聞きそれに合う解答を3択する問題になると、
1度しか流れない問題を聞く集中力が、20問を越える辺りから落ちてきました。
50問で25分、1問30秒、問題のテープはすらすらと流れてしまうと、もうどこがキーポイントだったのかわからず。
それでもテープが問題を出していくので、時間はそのとおりに過ぎるからよかったものの、
後半のReading問題は自分で時間配分をしなくてはなりません。
1問約40秒内に問題を読む時間もありますから、「考える」暇は殆どないんですね、
勿論、4択なんですが、迷ったりしているともう時間が足りない。
結局、私は最後の2問を迷っているうちに「時間です」という声がかかり、
適当にささっとマークシートを塗ってしまった・・・

やはり意味がわからなくて引っかかる単語が多く、勉強も甘かったというのがよく出ていました・・・
ほんとにぐったりとしてしまいました・・・
スコアが怖いな・・・

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

もう2年
来月で今の職場もまる2年となる。
 1年更新のパート社員なのだが、先日、社長より継続と時給アップの打診をもらった。
これは嬉しい。

実は既に一度、時給を100円上げてもらっているので、今回上がると入社時より200円アップとなる。
フルタイム(8時間労働)よりやや少ない勤務時間で働かせてもらってる身の日給と考えると、
同様の事務職ではなかなかもらえない額かもしれない。
但し、仕事柄「交渉」が好きな社長のこと、当たり前だが「飴と鞭」両方を考えておかねばならぬ(苦笑)

自分としても、このままここにずっと勤める感じはしない。
なんというか・・・場違い感が抜けないんだよね・・・
だが同じ時間働いて同じ金額をくれるところはないだろう。
ハケンも自分では競争に負ける気がする・・・(スキルや年齢で)何をしたいというのが特にない限り、転職もいきあたりばったりになるだろう。

・・・そんなこともあり、来月はプチな某テストを受けてみる予定。あ、全然、「資格」とかにならないやつだからw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。